賢い生命保険・医療保険の選び方

投稿日: 2014年12月26日  | カテゴリ: 生命保険

保障は手厚ければ手厚いほど生活を安心して送らせてくれるとは限りません。保険は確率的には支払った保険料よりもらえる保険金・給付金が少なくなるのが一般的です(一部、例外はあります)。万が一の場合に困らない必要最低限の保障を確保し、保険料を抑えた分は貯蓄に回すのが合理的といえるでしょう。

また、保険の選び方はライフステージ毎に違います。

ここでは保険に入るタイミングとしてよくあげられるライフステージ毎に、まずは最優先で検討しておきたい保険について紹介していきます。

 

独身の人が選ぶべき保険

独身のうちは、お金を残す必要のある相手がいないため、死亡保障の必要はほとんどありません。ただし、病気やけがの治療費がかさんだり、長期の入院で自分の収入が減り、経済的に苦しくなることが考えられます。

そこで、最低限の「医療保険」を検討するとよいでしょう。

自分の健康状態に問題を感じる人が少ない20代30代ですが、いつ大きなケガや病気をするか予測することはできません。高額療養費制度という医療費の自己負担が抑えられる制度があるとはいえ、蓄えの少ない20代30代には大きな負担となることもあります。

健康な時でないと加入し難いのが医療保険です。保険料が安くすむ、若く健康なうちに検討しておくのがよいでしょう。

 

結婚した時に選ぶべき保険

夫の保険

共働きの子供のいない夫婦(DINKS)は、お互いに死亡保障は不要か、少額の保障額で足りるのが一般的です。

今後ライフスタイルの変化(住宅購入、出産)なども考えられるので、後の見直しを考え、更新型で更新期間の短い「定期保険」を考えるとよいでしょう。

妻が専業主婦の夫婦では、夫になにかあった場合、残された妻が今までと同じような生活を送るのに必要な保障額はDINKSの場合よりかなり大きくなります。当初の保障額が大きく保険料を抑えることができる「収入保障保険」を考えるとよいでしょう。

 

持ち家で夫に万が一のことがあったときは、住宅ローンを借りていれば残高がゼロになる団体信用生命保険に加入するのが一般的ですので、その分必要な保障額は少なくなります。

 

妻の保険

子供を希望されている方は、妻の「医療保険」加入を妊娠前に検討したほうがよいでしょう。

医療保険では、治療に伴う手術や入院で給付金が受け取れますが、実は「異常分娩・異常妊娠」でも手術給付金や入金給付金が受け取れる会社がほとんどです。異常分娩といえば代表的なもので帝王切開も対象になります。

加入時点で妊娠していた場合、加入後1年間は「異常分娩・異常妊娠」が保障の対象外となり、同期間は妊娠と直接関係ない子宮などの病気・ケガも保障の対象外となる保険会社も多いのです。

 

子供ができた時に選ぶべき保険

前述の結婚した時に選ぶべき保険にプラスしての死亡保障の保険を用意しましょう。

まとまった保障額が必要なことが多いため、死亡保障の期間を末子が大学卒業するまでか、夫または妻の退職までにした「収入保障保険」がおすすめです。

 

おわりに

ライフステージ毎の保険の選び方はいかがだったでしょうか?

死亡保障額は自身の価値を表すものはなく、もし自分に万が一何かあったとき、遺族がそれまでと大きく変わらない生活を送るために必要な金額にするものです。必要な保障額はそれぞれの家庭の状況によって異なるため、ファイナンシャルプランナーなどに算出してもらうのがよいでしょう。


アーカイブ

2018

カテゴリー

最新記事

横浜相談所
(全国ファイナンシャルプランナー相談協会内)

〒220-0011
神奈川県横浜市西区
高島2-6-38
岩井ビル315

たまプラーザ相談所
(まちなかBizあおば内)

〒225-0002
神奈川県横浜市青葉区
美しが丘1-13-10
吉村ビル107